出発サポートプログラム

 4月4日以降のお申込み、ご相談は にお問合せください!

出発サポートプログラムとは

たびサポで身に付く7つの力

  • ビジョンを描く力 〜不安からワクワクへ〜
  • 自己分析力 〜自分を知り、なりたい姿を描く〜
  • コミュニケーション力 〜社会で生きるコミュニケーションを〜
  • チャレンジ力 〜新しい体験に一歩踏み出す〜
  • 目標達成力 〜自分自身をマネジメントする〜
  • 対話力 〜共感し、理解し、刺激しあう〜
  • 振り返る力 〜成功も失敗も全て学びに〜

1年間の流れ

時期 タイトル 概要
4月〜7月 ビジョンナビセミナー ビジョンナビセミナーでは、高校と大学の違いを知り、大学生活で自分が実現したいことを考えます。大学生活を充実させるための考え方や、大学生活の目標を考えることで、1回生最初の大切な時期に後れを取らないスタートを切ります。
SEQ面談 自己分析ツールであるSEQを用いて、プロのカウンセラーと面談をします。自分の改善したい部分や、自分の理想を考え、それを達成するためのアドバイスをもらいます。

▲SEQって?
私たちは、普段無意識に自分をコントロールし、周囲との関係を作りながら社会生活を送っています。この自分をコントロールする力がEQ(=感情能力)です。普段の行動の量を測り、EQの能力値を数値化するための検査がSEQ(Student EQ)です。

コミュニケーション講座 コミュニケーション力は大学生活でも社会にでても必須の力です。コミュニケーション力をつける意義や人とかかわる時の考え方を知り、上手にコミュニケーションをとるためのプロセスを学び、実際に体験し、能力を身につけます。
目標設定 夏休みに向けて、目標を設定し、達成するための計画を立てます。目標を分割して考える方法と、自分のモチベーションを上げるための考え方を学び、夏休みに実際に行動に移します。
夏休み
8月〜9月
チャレンジ企画 講座で学んだ力を活かして、チームで何か一つ、今までに挑戦したことのない大きなチャレンジに取り組みます。チャレンジを通して、積極性や行動力、チーム力を鍛えます。個性が集まることで、自分の強みを知るきっかけにもなります。
10月〜12月 振り返り 10月からは、自分の行動を振り返り、体験・経験から自分の変化(成長)を捉え、次の行動につなげるためのワークを行います。出来なかった、やらなかった事の原因(壁)の存在を認識し、それを壊す術などを考えます。
集大成発表 たびサポを通じて過ごした1 年間を振り返り、何にチャレンジし、何を感じ、考え、どう変化したのかをまとめ、1年間の集大成として発表し合います。お互いの発表を聞き、刺激を受けあい、さらなる成長につなげます。
人前で発表する事で、自分のプレゼンテーション能力を磨くきっかけにもなります。

1日の流れ

講座

講座

先輩サポーターが講師となり、大学の授業では学べない人生において必要な考え方やスキルを学びます。プロから研修を受けた先輩サポーターが学生目線で、講師をするので大学の授業とはまた異なった雰囲気の講座であるのが特徴です。

ワーク

ワーク

講座で学んだことをより吸収するため、ワークシートを用いて自分の考えを整理したり、アイデアを出すワークや、実践形式でコミュニケーションスキルを学ぶ時間を設けています。

班内対話

班内対話

1年間固定のメンバーで班を作り、その中で対話を行います。普段の生活で体験したことや、そこから学んだこと、気づいたことを共有するという、他では在るようで無い貴重な時間です。自分の考えを班のメンバーに伝えたり、価値観の違った考え方に触れたり、他の人の活動に刺激を受けたり、日ごろの悩みを相談したりなど、なんでも安心して話し合える場を提供しています。

受講生・保護者・OGの声

受講生の声

  • 会話をする時に緊張することが少なくなった。
  • 自分のことについて話すことに抵抗がなくなった。
  • 自分の変えたいところを見つけ、それを変えることができた。
  • 自分たちで企画し実践していくことの難しさを知れた。
  • 親身になって話を聞いてくれた。
  • 自分では考えつかなかったことに気づくことができた。

保護者の声

  • 家庭の会話では、たびサポで教えられたことを意識して考えて伝えようとする姿勢がみられるようになったと感じています。
  • このプログラムに出会えて、自分の苦手なところを克服しようというのが伝わってきます。
  • 高校生の時はあまり自分から話さなかったのにもかかわらず、大学生になってからいろんなことを話しかけてくる姿に、こうも短期間で変わるものかと驚きました。
  • いつも人の後ろにいることが多かったのですが、最近は一緒に出掛けると、自分から「ちょっと聞いてくるわ」と動いたり、笑顔で話しかけている姿をみると変わったなって思いました。

OGの声

たびサポの受講が、社会人生活のなかで最も活きていると思うのは、仕事上接するあらゆる人々と上手く付き合えていることを実感するときです。

上手く付き合う、というのは、あらゆる人の考えに対して、理解を示せる自分であるということと、怖がらず自分の意見を素直に伝えられるということです。たびサポでは、共通の趣味もなければ、学部も違う普通に過ごせば交わらなかったかもしれない人が仲間になります。そして、そんな人たちと、同じ講座を受け、気付きを共有し合うということを通して、違う価値観を楽しみ、気づきに変える力がついたと思っています。

いま、とても若い会社で、多様性のある人と楽しく働き、少しずつ成長できているのはたびサポの講座のおかげかもしれません。

初代受講生
現代システム科学域
環境システム学類
坂本 紫織さん

受講の流れと料金について

プログラム内訳

  • 年間13回の講座運営費用(大学生活デザイン講座含む)
  • チャレンジ企画運営費
  • SEQ2回受診・解説
  • 個人面談4回
  • 軽食・懇親会代
  • 生活ポートフォリオ一式

1年間プログラム参加にお悩みの方、
もしくは他に打ち込みたい事がある方は

1年間プログラムの第1回と第2回「大学生活デザイン講座」にご参加いただいてから検討ください!

1日目

高校生活と大学生活の違いを知り、大学生活のビジョンを描きます。大学生活を無駄にせず、充実させるための考え方を知り、自分の実現したいことを考え、4年間のビジョンを立てます。

2日目

SEQ 診断という自分の感情を上手に管理し、利用する能力を250問の質問とその回答から診断し、自分の感情と行動の特徴を知ります。自分のタイプを知り、自分の理想像を考えます。「SEQ 学生アドバイザー」という認定を持った学生サポーターが皆さんの自己分析をサポートします。

大学生活デザイン講座 講師プロフィール


中山 美佐子

ご入学おめでとうございます。

新しいキャリアのスタートラインに立って、希望に満ち溢れていますか?それとも少し不安を感じていますか?

希望を確実にし、不安を払拭するための第一歩は、高校と大学との違いを知ること。将来を見通し実現する力を付けるためにも、この大学での学習や生活のコツを知ること、情報収集の方法を知ること、人との繋がりを作ること。

先輩や同級生と知り合えるこの機会に、HAPPYに大学生活のスタートを切りましょう。


DOORS PRODUCE 代表

企業・官公庁等対象、人材育成コンサルタント・講師 1級キャリアコンサルティング技能士(国家資格) CDA(キャリアディべロップメントアドバイザー) 大学非常勤講師(通期開講:必須科目「ホスピタリティマネジメント」「仕事とキャリアⅡ」。
選択科目「ビジネスマナーⅠ」「ビジネスマナーⅡ」その他:特別講座、就職支援講座)1997年から年間120回を超える企業・官公庁の社員研修を担当することで知り得る「求められる人材・変化を生き抜く人材」の育成を大学生教育に活かしている。

出発サポートプログラムの事をもっと知りたい!

  • メールアドレスに連絡して、イベント情報ゲット!
  • Facebookで「出発サポートプログラム」を団体検索!情報配信中!
  • Twitter「@tabidachi_OPU」ここでは普段の”たびサポ”活動を紹介しています!
  • ブログ「http://blog.livedoor.jp//tabidachi2017」先輩サポーターの日常を配信!

 4月4日以降のお申込み、ご相談は にお問合せください!

ページの先頭へ